弊社が2018年より直輸入しておりました、シフォン醸造所(Siphon Brweing)が閉鎖されることになりました。

COVID-19による醸造、販売への影響、原材料費の高騰などにより、経営を続けることが困難になったことが理由です。
一時はレストラン・シフォンの敷地内にあった醸造所を移転し、ブルージュ市内で再起を図る予定でしたがそれも叶いませんでした。
今春輸入したばかりの、スワンソング(Swan Song)が意味する通り、最後の作品となってしまいました。

醸造所がスタートして5年、弊社と取引が始まって約3年半という短い期間でしたが、何度か醸造所に足を運び、一緒にビールを飲みながら今後の展望などについていろいろな話をしてきました。
他醸造所とのコラボレーションなど、さまざまな企画でも私たちを楽しませてくれました。
COVID-19の影響を強く受けていることは聞いていましたが、醸造所の閉鎖に至るまでとは思わず、本当に残念な思いです。

シフォン醸造所(Siphon Brweing)で作られたビールは、現在の在庫が無くなり次第、終売となります。

これまでご愛飲くださった皆さま、THE NOBLE GAS PROJECTなどイベントでお世話になったお店の皆さま、本当にどうもありがとうございました。

シフォン醸造所の商品

これまでのシフォン醸造所(Siphon Brweing)に関する記事

2022年5月14日、アメリカ大陸唯一のトラピストビール、スペンサー(Spencer)を醸造するセント・ジョセフ修道院(St. Joseph’s Abbey)が、醸造所を閉鎖することを発表しました。

スペンサー醸造所(Spencer Brewery)は、2013年12月10日にATPラベル認証を受けて以来、クラシックアイテム以外にも、IPA、スタウト、ラガー、フルーツビールなど、さまざまなアイテムを醸造してきたことでも知られていました。

スペンサー醸造所からの発表は下記のとおりです。

After more than a year of consultation and reflection, the monks of St. Joseph’s Abbey have come to the sad conclusion that brewing is not a viable industry for us and that it is time to close the Spencer Brewery.
We want to thank all our customers for their support and encouragement over the years.
Our beer will be available in our regular retail outlets while supplies last.
Please keep us in your prayers.

一年以上に亘る協議、検討の結果、醸造は実行可能なビジネスとして継続することができず、醸造所を閉鎖する、とのことです。

スペンサー醸造所
https://www.belgianbeer.co.jp/ct/brewery/spencer/

これで、Trappist®の商標を使用してビールを販売しているトラピスト修道院は世界で13ヶ所になります。
そのうち ”Authentic Trappist Product” のロゴマークを付けることができるビールを醸造している修道院は10ヶ所となります。

Authentic Trappist Product(ATPラベル)について
International Trappist Associationでは、以下の3つの厳格な基準を満たしている商品についてのみATPラベルの使用を許可しています。(ビールの場合)

・トラピスト会修道院の敷地内にある醸造所内で醸造されること。
・醸造はトラピスト会修道士の監督の下で行われること。
・ビールによる収益は、修道士の生活のため、そして修道院の維持のために割り当てられること。
残った場合は慈善団体や、困った人々に与えること。

トラピストビール(Authentic Trappist Product)の生産者は下記の10ヶ所です。(2022年5月現在)

●ベルギー
Westmalle(ウェストマール:ウェストマール修道院)
Rochefort(ロシュフォール:サン・レミ修道院)
Orval(オルヴァル:オルヴァル修道院)
Chimay(シメイ:スクールモン修道院)
Westvleteren(ウェストフレテレン:シント・シクステュス修道院)

●オランダ
La Trappe(ラ・トラップ:コニングスホーヴェン修道院)
Zundert(ズンデルト:マリア・トゥーフラフトゥ修道院)

●オーストリア
Engelszell(エンゲルスツェル:エンゲルスツェル修道院)

●イタリア
Tre Fontane(トレ・フォンターネ:トレ・フォンターネ修道院)

●イギリス
Tynt Meadow(ティント・メドウ:マウント・セイント・バーナード修道院)

※ATPラベルを付けた商品は、ビール以外にもチーズ、クッキー、チョコレート、はちみつ、リキュールなどがあります。

◯日本で購入できる、トラピストビール
https://www.belgianbeer.co.jp/products/list.php?category_id=38


ビール王国 Vol.34
編集部が選ぶ この春飲みたいビールのページで、弊社直輸入のルプルス・ホッピーウィートが紹介されました。

メディア掲載ページはこちら

店主のベルギー訪問記 14回目 2012年3月編 公開しました。
https://www.belgianbeer.co.jp/ct/travel/tour14/
今や皆さまご存知の内容も多いと思いますが、10年前ということでお許しください。

取引先醸造所の他、デュポン醸造所、デュベル・モルトガット社、グーズリー・ティルカン、ヘット・アンケル醸造所、カンティヨン醸造所を訪問。
フランスのモン・デ・キャッツ修道院、チェコのピルスナー・ウルケル醸造所も訪問してきました。

3月20日は「国際フランコフォニーの日」。
1970年3月20日にフランコフォニー国際機関 (L’Organisation internationale de la Francophonie, OIF) が設立されたことにちなんで定められています。

3月から4月にかけて「フランコフォニー月間」として全国各地でさまざまなイベントが開催されますが、地元愛知県のイベントに弊社も協賛しております。
ぜひおでかけください。

フランコフォニー講演会『故郷ベルギーを巡る旅』
http://afafa.jp/event.html?id=291&lang=1
日時:3月5日(土)18時
場所:アリアンス・フランセーズ

フランコフォニー映画祭
http://afafa.jp/event.html?id=292&lang=1
日時:3月12日(土) 18時
会場:アリアンス・フランセーズ
参加費:無料・要予約
定員:制限あり(衛生対策のため)

お問い合わせはリンク先までお願いいたします。

10年以上前の内容で恐縮ですが、「店主のベルギー訪問記 13回目 2011年4月編」公開しました。
https://www.belgianbeer.co.jp/ct/travel/tour13/


ビール王国 Vol.33
ベルギーのスペシャルビールのページで、弊社直輸入のウィンテルコニンクスケ・グランクリュが紹介されました。

メディア掲載ページはこちら

ノートルダム・ド・スクールモン修道院
ノートルダム・ド・スクールモン修道院

2021年11月1日、トラピストビール シメイ(スクールモン修道院)の5番目のレギュラー商品となる、シメイ・グリーンが発売されます。
レギュラー商品としては、シメイ・ゴールドの発売以来、8年ぶりになります。

このビールは、1862年の醸造開始から150年を記念して2012年に限定発売された、Chimay Spéciale Cent Cinquante(スペシャル ソン サンコント)として販売されたもので、ラベルの右下には「150」の数字が入っています。

輸入元様のコメント

フルーティーながら力強い味わいが特徴の「シメイグリーン」は、まろやかで丸みを帯びたボディーとスモーキーでスパイシーな味わいがあるシメイビールの持ち味に、ミントやベルガモット、ライム、ユーカリを思わせる香り、さらにはローズマリーやクローブ、ジンジャーなどのスパイシーさが加わった飲みごたえ抜群のビールです。
白身魚や鶏肉など、さっぱりとした味わいの料理やスパイスの効いた料理とも相性抜群で、食事とともにじっくりと味わっていただきたい洗練されたビールです。

シメイ・グリーン 330ml
シメイ・グリーン 330ml

弊社でもさっそくサンプルをティスティングしてみました。

シメイ・グリーン 330ml

やや霞がかったゴールド。
とても細かい泡立ちで泡持ちも良い。

バナナ、白桃、洋梨、青りんごのようなフルーティーな香り、オレンジのような柑橘の香り、パンのような香ばしい香り、干し草、はちみつのような香り、コショーのようなスパイス、そしてハーブの香り等、温度が上がるにつれて複雑な香りを感じます。

口に含むとまずとても強い炭酸を感じます。
次にナッツのような香ばしさ、スパイシーなフレーバーをともなった、甘味、苦味、酸味のバランス良い味わいが豊かに広がります。
常にボリュームたっぷりの強いアルコールを感じるフルボディな味わい。
余韻にも強いアルコール感、こなれた苦味が長く続きます。

全体的にとても強いアルコール感を感じられる1本です。

 


修道院内の中庭から見る醸造所


醸造所内部

左が仕込釜、右が煮沸釜。
まず、原料の大麦麦芽と小麦を、修道院用地内にある二つの井戸からくみ上げた水と一緒に仕込み釜に入れて約1時間半仕込む。
ここでは一日25kl×4回仕込を行っており、1週間の最大の仕込み回数は20回。
以前あった壁が取り払われ、タンクも、きれいに塗装が施されていた。
煮沸釜の容量は25kl。行程の始めと終わりにホップを加える。


地下にある熟成庫

スクールモン修道院の情報はこちら

シメイの商品一覧

トラピスト・ビールとは

トラピストビール(Authentic Trappist Product)世界で11ヶ所に

本日発売のmina (ミーナ) 2021年7月号で、「夏はBEER!!!」という特集が組まれています。
ビアバー、外飲みスポット、家飲み情報、ブルーパブなど、ビールにまつわる情報が掲載されています。

この中の「06 レアな輸入モノ、こんなのありますか?」で、弊社直営BEER BOUTIQUE KIYA 店長青島がお勧めするビールが紹介されています。
ぜひ手にとって見てくださいね。

ベルギービールJapan メディア掲載はこちらから


昭和13年当時の酒類小売業免許証

三十郎の代(1911-1993)

三十郎という名前は、先祖に三十郎というとても優秀な人がいたことから名付けられた、と聞いていましたが、今回の調査で実際に大叔父(重蔵の弟)に同名の三十郎がいたことがわかりました。

三十郎の代では、酒類、塩の取り扱いを開始。
酒類小売業免許及び、卸売業免許も取得。
1970年9月10日に、株式会社木屋として法人化。

この頃の木屋は、家庭用、業務用、法人、官公庁を主な得意先としていました。
店舗では味噌の量り売り、立呑も行われていました。


昭和16年当時の木屋平面図(当時の従業員の方が描いてくださったもの)


昭和16年当時の木屋正面と店内に入ったところ(当時の従業員の方が描いてくださったもの)


1970年代頃の木屋(左から2番目は三十郎、一番右は一記)

鑛一の代(1938-)

酒類卸会社勤務後、木屋入社。
その後まもなく、株式会社ラッキーストアー設立。
当時はまだめずらしかった、酒類を取り扱うスーパーマーケット「スーパー ラッキーストアー」を愛知県西春日井郡清洲町(現在の清須市)に開店。
木屋の支店として酒類の販売を行っていました。

この頃の木屋は、業務用、法人、官公庁を主な得意先としていました。
日本名門酒会加盟。

1980年代には店舗の改装を行いました。


平成29年当時閉店前の旧木屋

一記の代(1967-)

清酒醸造メーカー勤務後、木屋入社。
日本酒、ワイン専門店を経て、ベルギービールの取り扱いを開始。
1995年、インターネットでのビール販売を開始。
2004年、ベルギービールJapanオープン。
2006年、ベルギーからの直接輸入開始。

2017年10月、現在の場所(中区丸の内3-8-2)に本社移転。
BEER BOUTIQUE KIYA開店。

京町通

京町筋の七間町より伊勢町までの間をいう。
清須越の町で、清須当時の町名を、そのまま用いた。
清須へ多くの商人が移り住み、呉服物、細物、太物類を商っていたので、京町と名付けられた。

名古屋の京町は、清須の呉服物の商店が並ぶ町から、大坂の道修町に匹敵する薬種商の町へと変貌していった。
代表的な薬種商としては、長崎から直接唐物の薬を仕入れ、販売していた生田治郎八。
今川義元の家に代々伝わる今川赤龍丹を販売する日野屋六左衛門。価銀四匁五分の山帰来という薬を売っていた山口利兵衛がいた。

現在も京町で商売をしている中北薬品の祖、井筒屋中北伊助が、この町に店をかまえたのは寛政年間(一七八九?一八〇一)のことだ。
「好事魔多し」安政二年(一八五五)二月二十五日の夜、井筒屋の伊助方の風呂場より出火し、京町全域を燃え尽くしてしまった。
井筒屋だけでも八千両の薬が灰になった。
井筒屋は謝罪の意をこめて、毎月二十五日は風呂をたかないという。
現在に至るも中北家では、この家憲を護っている。

安政二年の大火をきっかけとして、京町は、さらに薬種商の町として発展していった。
明治二十年には、漢方薬にかわり、初めて船来薬(洋薬)が京町で販売されるようになった。
大正初期には薬祖神社をつくり、四十軒の問屋の守り神とした。

町内には薬種商の他、町医の蘇森子桂が住んでいた。
子桂は河村秀根(著名な国文学者で尾張藩士)に数十両の借財をしていた。借金を返すあてもない。
そこで子桂は秀根が幕府討伐の密談を重ね、反逆を企てていると幕府老中松平右近将監の用人に密告した。
負債を免れるとともに、賞金を得ようとして企てた事件だ。
幕府が厳しく糾問した結果、誣告の事実が露見した。
子桂は、江戸市中を引きまわしの上、獄門に処せられた。安永七年(一七七八)のことだ。

京町は明治五年、両替町に併合された。
明治十一年には再び京町の町名は復活した。

昭和四十一年、住居表示により丸の内三丁目となる。

旧町名の概要と由来 / 旧町名を復活させ、名古屋を元気にしよう!HPより


TOP