2017.12.15

初登場 グラゼントールン醸造所 ヤン ドゥ リヒト他5種


まずは、当店初登場の「グラゼントールン醸造所」について、お話させてください。(輸入元さまからのコメントを拝借しながら、ご案内します)
https://www.belgianbeer.co.jp/products/list.php?category_id=354

グラゼントールン醸造所はブリュッセルとゲントの中間点、エルポメールに位置するマイクロブリュワリーです。

ホームブリューから始めたジェフ、ディルクがゲントの醸造学校で、醸造を本格的に学び、2004年に創業しました。

現在はマルクが加わり3人で醸造所を運営しています。

ブリューマスターのジェフはもともと数学の博士号を持ちながら、ビールライターとしても活動をしていました。

グラゼントールンのコンセプトは、伝統的なファームハウスエールのスタイルを最新の施設で造り、伝え、進化をしながら継承していくこと。

ジェフがグラゼントールンを始める上で一番影響を受けたビールは、ベルギー・エノー州からはじまる”セゾンビール”だそうです。

彼の定義するセゾンビールとは、しっかりと発酵させた高炭酸でドライ、苦味は少なく穏やか、喉を潤すのに最適なビール。

そのため彼の造るビールはどれもとってもドライできれいな泡立ちがあり、ホップも大量に使いつつも苦味は抑えた仕上がりになっています。

デュポン醸造所の三代目のマーク・ロジエとも親交が深く、セゾンデュポンを参考にしアドバイスを受けていることも公言しています。

デュポン醸造所のマークからはエノー州で造られている、どんなセゾンよりもセゾンビールだと賞賛されています。

小規模な醸造施設ながら、伝統的な醸造プロセスと近代的な設備での醸造を両立させた、クオリティの高いビールは評判を呼び現在は世界中に輸出されています。

瓶内二時熟成を非常に大切にしボトルは大瓶のみに詰められます。

ランビック等で使用されることのある紙巻きのスタイル。
厳選された最高品質の原料のみを使用し、人工的なものは一切使いません。

・・・
今回、本当に少量の入荷だったそうですが、当店にもすこしだけ、わけていただくことができました。

この分が完売しますと、次回が来春ごろを予定しているそうなので、お見逃しないよう、在庫がありましたら、心よりご購入をおすすめします!

▼グラゼントールン醸造所製品はこちらからどうぞ!
https://www.belgianbeer.co.jp/products/list.php?category_id=354

  スタッフブログ       タグなし

共有・シェア

コメント投稿

最近の投稿

カテゴリー

過去の記事


TOP