2018.07.31

【日本初登場】要注目!ナノブルワリー「レルミタージュ」入荷

2018年に初めて日本へ輸入されました。
今年いっぱいは、少量ずつ輸入されるようで、弊社でも数量限定入荷です。

・・・

ナノブラッスリー(小規模醸造所) レルミタージュは、
大学の同級生であった、フランソワ・サイモン、ナシン・ムニュ、
アンリ・バン・サリの3人のホームブルーイングから始まった、
ベルギー首都ブリュッセルの中心に位置するナノブラッスリープロジェクトです。

コンセプトは、ベルギーのビールシーンに新しい流れを作り、
正真正銘のアーティザナル(職人的)なビールの価値を守ること。

クオリティに妥協せず、ビールの創造性においていかなるものに
縛られないことをポリシーにしています。

ベルギーでは珍しく、ホップやドリンカビリティーの高い
ペールエールをコアレンジのビールとして位置付けて醸造しています。

2015年末、はじめて商業目的の醸造を開始しますが、
当初は自身の醸造施設を持っておらず、バストーニュ醸造所(ベルギー)、
アンスパック&ボブデイ(イギリス)を委託醸造先にしながら、
ビール造りの経験を積みます。

クラウドファンディングで284人から募った30.290ユーロ(日本円約400万円)の
支援を受け、2017年6月地震の設備での醸造を開始。

同年10月にブリューパブもオープンしました。

2017年にようやく醸造施設が稼働したばかりですが、
最近(2018年)では、ヒルファームステッド(US)や
カンティヨンとのイベントを行い、カープス(NL)の主催する
フェスへの出店など、活躍の場はベルギー本国にとどまりません。

・・・

ちなみに、名前である「レルミタージュ」は、
3人が出会い、ホームブルーイングを始めたアパートのある通り、
reu de L’ermitage(レルミタージュ通り)に由来し、
「隠れ家」の意味ももちます。

カンティヨンや、ブラッセルズビアプロジェクトからもほど近く、
ブリュッセル市内中心のアンデルレクトに位置した、アーバンブルワリーです。

<輸入元様からのお願い<
本商品は、輸入元様より、クール便での配送をおすすめされています。
ご希望の際には、クール便をご指定ください。(有料216円~648円)
(指定がない場合には、通常便でお届けします。)

 

★★日本国内のネットショップでご購入できるのは、当店だけ。
★★名古屋での取り扱いも、当店のみ。

※2018年8月時点でです。

 

★★★商品はこちらからどうぞ!
https://www.belgianbeer.co.jp/products/list.php?category_id=377

  スタッフブログ       タグなし

共有・シェア

コメント投稿

最近の投稿

カテゴリー

過去の記事


TOP