スタッフブログ

今年もマグナムボトルが入荷してまいります!

はじめてのマグナムボトル「ゴールワーズ・クリスマス」。
gauloise1-5l
https://www.belgianbeer.co.jp/products/detail.php?product_id=624

↑クリスマスシーズンにはもってこいの、かわいいラベルです↑

大勢で集まるこの季節は、マグナムボトルで盛り上がりませんか?

忘年会、新年会の場にも。会社の納会で振舞うのも。
クリスマスパーティーにも使えます。

飲食店さまでも、お店で量り売りイベントなんて、楽しそう♪
(木屋(実店舗)でやってもいいかもな・・・)

数に限りがございますので、お早めにご注文いただけますと幸いです。

マグナムボトルはこちらからご注文ください
https://www.belgianbeer.co.jp/products/list.php?mode=search&name=bigbottle

 

main-01

もう気が付けば11月。今年も残すところあと2ヶ月となりました。

日ごろお世話になっている方、遠くにいてなかなか会えない方へ、感謝の気持ちをこめて、ベルギービールギフトを贈りませんか?

当店では、価格帯別に3セットをご用意いたしました。
用途に合わせて、ご利用頂けますと幸いです。

★お歳暮ギフトの4つの特典★

特典1. 送料無料!
全国送料無料でお届けします!
なお、北海道・沖縄県への配送には別途追加送料が加算されます。
クール便をご指定の場合は、クール便代金が加算されます。
詳細は各商品ページをご確認ください。

 
特典2.  コースター3種付
ヴァン・デン・ボッシュ、ビンク、ビーケンの、3種類の専用コースターをプレゼント。
コースターは商品に同梱して発送しますので、ビールを飲む時にご利用いただけます。

 

特典3. 熨斗選択OK(無料です)
注文時の備考欄に、熨斗の希望をご記入ください。
(記入例:御歳暮の熨斗で、名前は木屋太郎でお願いします。)

 

特典4. 商品説明書付
当店オリジナルの、フルカラーの商品説明書をご用意しました。
オリジナルチャートもついてて、とっても見やすい!

 

・・・

出荷開始は、11月7日(月)からです。ぜひご利用下さいませ!

▽詳細はこちらの画像をクリックしてください▽
main-01

スクールモン修道院が、2015年から新しい試みとして造る、二度とおなじものは造れない、レアビールの登場。

★★★シメイ・グランドリザーブ・エイジドオーク2016.03B.D 750ml
https://www.belgianbeer.co.jp/products/detail.php?product_id=623

chimay-grande2

「2016.03.B.D」というのは、2016年の3月にボトリングされたという意味。
ボトリングによって、熟成する樽の種類や割合が異なります。(B.D.=Bottling Date)

 

【 特徴 】
○年に2回のみ生産されます。
○数種類の樽で熟成された「シメイ・ブルー」をブレンド。
○毎回使用される樽の種類・割合が異なります。
そのため、アルコール度数も毎回変更になる可能性もあります。
○通常のシメイ・ブルーに比べ、木樽で5ヶ月間以上の発酵工程が、加わることで、より複雑な味わいになっています。(合計3次発酵!)

 

▽今回、熟成に使用された樽と割合はこちら▽

・38% フランス産オーク樽(2回目の使用)
・22% アメリカ産オーク樽(2回目の使用)
・22% コニャック樽(新樽)
・18% チェストナットオーク樽(新樽)

※この割合や種類が毎回異なることにより、味わいも毎回異なります。

【輸入元様からの味わいのコメント】
木樽での熟成により、焙煎したコーヒーやモカ、コニャック等の、ニュアンスが感じられます。

ボトリング後、6カ月から1年以上経ってからが最も飲みごろとのこと。

(押し入れにこっそりしまっておきたい!と思ったのは、私だけでしょうか(笑))

・・・
当店では、初回60本限定での販売です。

お早めにご注文くださいませ!

▼ご注文はこちらから▼

★★★シメイ・グランドリザーブ・エイジドオーク2016.03B.D 750ml
https://www.belgianbeer.co.jp/products/detail.php?product_id=623

デュベルのコレクショングラス2種orスタンダードグラスを、対象商品をご購入で、今だけ、もれなくプレゼントします!

▼対象商品はこちら▼
○デュベル330ml x 6本 (500円 x 6本=3,000円(税別))
▼今年の選べるグラスはこちら▼

○A.ヤン・ソルジ デザイン
32001184a
https://www.belgianbeer.co.jp/products/detail.php?product_id=620

 

○B.天使と悪魔バージョン
32001289
https://www.belgianbeer.co.jp/products/detail.php?product_id=621

 

○C.デュベル 通常グラス
32000729
https://www.belgianbeer.co.jp/products/detail.php?product_id=622
チューリップ方のグラスはデュベルの素晴らしい味わいを演出します。
底の低いカーブは、風味と香りを活かしてビールと泡を分離させ、グラスの底に彫られたデュベルの頭文字「D」は、細やかな泡を立たせます。

グラスは上部に行くほどせばまり、くびれています。
これは、ビールの炭酸ガスをとどめ、豊かな白い泡をつくるためです。

・・・

使い勝手もとても良い、すばらしいデュベルグラス。
ぜひ、コレクショングラスも集めて頂ければと思います!

限定商品はこちらからご覧ください!
https://www.belgianbeer.co.jp/products/list.php?category_id=20

じゃじゃーん

img_6701

じゃじゃじゃじゃーん

img_6693

★★デュベル・トリプルホップ×6種類ティスティングボックス
https://www.belgianbeer.co.jp/products/detail.php?product_id=619

デュベル・モルトガット社では、2007年から2016年までの間に、いろいろな種類のホップを選び、ユニークな味わいのビールを造ってきました。

舌がまだまだ未熟な私でも味の違いがわかるほど、どれも個性豊かですばらしいビールたちでした。

今年、その中で1番のトリプルホップを決めようと、ベルギー国内で、限定ボックスが発売されたのをご存じでしたでしょうか。(2017年に使うホップを決めるイベントとして)

すでに投票は終了し、ホームページではトップ3が発表されていました。
日本でもベルギービール好きの間では、とても話題になってた品です。

この度、ベルギー限定だと思っていた、その「デュベル・トリプルホップ ティスティングボックス」が、ほんの少しだけ、入荷いたします。
当店への割り当ても、たったの36セット。

img_6703

ビール6本だけでも贅沢なのに、オリジナルのテイスティングノートと、書き込む用の鉛筆までセットになっています!(めちゃかっこいいです

img_6710-1

じつは、入荷の情報がくる少し前に、社長がベルギーで個人的に買ってきたこのセットを、社内勉強会でテイスティングしていました。

ほんとおもしろい!!!! 好みの味もスタッフそれぞれ違い、表現をシェアして楽しみました。

大変数少ないですので、このブログを見た方はすぐに商品ページへお急ぎください。

完売しておりましたら、誠に申し訳ございません。。

★★デュベル・トリプルホップ×6種類ティスティングボックス
https://www.belgianbeer.co.jp/products/detail.php?product_id=619

tenri

奈良県は天理市にて、ワールドフェスティバル天理2016に出店いたします!

<<日時>>
○2016年11月12日(土)10:00~16:00

<<場所>>
天理市庁舎(住所:奈良県天理市河原城町605

参加料無料(ブースでの飲食は有料)

・・・
以下、天理市ホームページより

天理で国際交流しよう!Let’s Go to WORLD FESTIVAL 天理2016!
奈良県は日本において歴史のある国際都市であり、その中で天理市も外国人留学生や社会人が学ぶまちです。
そんな天理の魅力を、各国の料理やビール、音楽、ちょっと遅めのハロウィンなど、世界の人々の交流により、天理の「国際性」を発信します。同時に、雅楽や和太鼓など、日本の文化も海外へ向けて発信!ぜひお越しください。当日は民族衣装や仮装大歓迎です!きっと脱日常を感じられる一日になることでしょう!
また、当イベントは「第32回国民文化祭・なら2017」「第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会」のプレイベントです。

・・・

当店は、樽生ベルギービールを1種類と、ボトルビールの物販を行う予定です。
ブースでは、社長三輪が販売しておりますので、ぜひ遊びに来てくださいね^^

皆さまのご来場を、心よりお待ちしております!

ワールドフェスティバル天理2016のフェイスブックページはこちらから★
https://goo.gl/UxRDOi

img_1588

獺祭で世界的に有名になった、山口県岩国市の旭酒造さん現場見学会に参加してきました。
所属している会のメンバーが全国から集まり、総勢20名での訪問となりました。

img_6790

新岩国駅からバスで40分ほどの山の中に蔵はありました。
このあたりは半径1km以内で300人も住んでいないそうです。

img_6791

そんなのどかな風景の中に突如現れる12階建ての旭酒造本社工場。
昨年、30億円を投資して建てられたそうです。
この中で獺祭は造られています。

img_6753

約1ヶ月前に桜井博志氏から社長を受け継いだばかりの、桜井一宏新社長にお話を伺いました。
かつて地ビール事業に参入したが失敗、杜氏まで辞めてしまい、破綻寸前だった会社がどのように今の規模まで成長できたのか、というお話をお聞きしました。

img_6758

社長のプレゼンテーションの後、いよいよ見学スタート。

まず洗米。
一日5トンの洗米を行うそうですが、誤差を少なくするため、15kgという小さな単位で行われています。

img_6761

精米されたお米。

img_6759

精米歩合はなんと19%。

img_6762

昔ながらの和釜もありますが、それだけでは追いつかないため連続蒸米機も併用しています。

img_6768

蒸しあがった米が放冷機で冷まされて出てきます。

img_6778

製麹室。
扉の向こうには大きな製麹(せいきく)機があるのかと思っていましたが、まさかの「たくさんの床(とこ)」でした。
現代的な麹室という感じで、若いスタッフの皆さんが交互に床揉みの作業を行っていました。
さすがに上半身裸ではありません。

img_6773

仕込室。
こちらも驚きの光景でした。
20klくらいの巨大な発酵タンクがドーンと鎮座しているのかと思ったら、酒母タンク大の小さなタンクが部屋中に整然と並べられていました。

img_6772

ここには3klのタンクが200本あり、一日4本ずつ仕込みを行っているそうです。
コンピュータ制御ではなく、すべてが毎日、人の目でチェックされています。

img_6783

品質管理。
すべてのタンクのデータが壁に張り出されており、いつでも誰でも見られるようになっています。

・・・

これで見学は終了。
もともと大手日本酒メーカーに勤めていた私は、きっとそれより進化した設備が整っているのだ、と思い込んでいましたが、実はそうではありませんでした。

社長のプレゼンテーションの中で、

「大手的な効率志向でもない、職人の神秘を期待するのでもない、独自の方向へ。」

という印象的な言葉がありましたが、まさにそれを実感するような製造行程になっていました。

・これまで杜氏が担ってきた仕事を社員がやるようになり、「過程(酒造り)」と「結果(味やお客様の反応など)」とのつながりがあきらかになってきた。
・もともとあった大きなタンクをすべて小さくすることで、誤差やミスを最小限にすることができるようになった。
・社員が何度も仕込みを行うことで社内にノウハウを蓄積していった。

現在は108名の製造スタッフが四季醸造を行っているそうです。

このような他に類を見ない独自の進化を遂げた結果、今の成長があるのだ、と実感しました。

14670619_1316944218329282_4234054758276308013_n

最後に桜井社長とご一緒した皆さんで記念撮影。
後ろに見える素敵な建物は本社工場のすぐ前にある、獺祭直販所です。

img_1590

今回の手配をしてくださったjizake.comの佐野さん、OSMCの森本さん、当日深夜までご一緒くださった皆さま、どうもありがとうございました。
そして桜井社長をはじめ、旭酒造の皆さま、どうもありがとうございました!

本日は、アメリカはサンフランシスコの醸造所、アンカー社より、初登場の新商品のご案内です。

当社の社長が、今年の夏にアンカー社を訪れた際に先行で飲んだ!という、限定品が、ようやく日本にも入荷していまいりました。
img_5828-1024x682
https://www.belgianbeer.co.jp/ct/brewery-diary/3912/

アメリカのサンフランシスコに位置する、アンカー社は、大変歴史のある醸造所です。

1896年、サンフランシスコに創業しました。
「スチームビール」の名称で地元サンフランシスコで、名声を挙げたものの、次第に衰退。

しかし、その後1965年。
前社長のフリッツ・メイタグ氏が閉鎖寸前のアンカー社を買収し、半世紀ぶりにスチームビールを復活させました。
それからは、アメリカ全土でも評判となり、現在でもクラフトビール運動のパイオニアとなって活動を続けています。

・・・
今回、初めて入荷します「ドライホップ・スチーム」「バレルエール」。

どちらも現在大変人気のドライホッピングを施したタイプと、木樽熟成のバレルエール。

歴史のある醸造所の織りなす、流行を取り入れた最新のビール。
ぜひ一度、お楽しみいただけますと幸いです。

 

 

アンカー・ドライホップ・スチーム・・・485円(税抜)
https://www.belgianbeer.co.jp/products/detail.php?product_id=618
dryhopsteam-a

 

アンカー・バレルエール・・・570円(税抜)
https://www.belgianbeer.co.jp/products/detail.php?product_id=617
barrelale-a

2016年10月22日、23日の2日間にわたって行われた、第4回ワールドフード+ふれ愛フェスタ、無事終了しました!

img_1583

土曜日は曇りでしたが雨もなく、ちょうどよい気候。
日曜日は本当に良いお天気に恵まれました。
写真はブース前から見たテレビ塔です。

img_1574

ベルギービールJapanブース。
午後になるとブース前は通るのもやっと、というくらいの混雑ぶりでした。

img_1577

今回は当社直輸入の樽生全4種類を提供。

img_1581

当社直輸入のボトルビールやお得なセットも販売いたしました。

出たビールの数量等から、おそらく昨年の1.5倍くらいのお客様にご利用いただいたようです。
今回はスタッフも他のブースを見て回る余裕も無いほどでした。

多くのお客様にご来場いただき本当にありがとうございました!

次回もすでに日程が決まっています。
第5回ワールドフード+ふれ愛フェスタ:2017年10月14日、15日

当店も出店しますので、ぜひ来年もお待ちしております。

秋~冬にかけてしか食べられないお楽しみチーズ「モンドール」。

昨年、はじめて当店で取扱いをし、今年も予約受け付けを開始いたしました!

【予約・クール便】モンドール約450グラム・・・3,600円(税抜)
https://www.belgianbeer.co.jp/products/detail.php?product_id=615
54000309a

アルノー社のモンドールはフランスのコンクールで金賞を受賞しています。

「黄金の山」の名を持つモン・ドール。
製造期間を8月15日~3月15日と定められているます。

とろ~りとすくえる柔らかな生地、周りを巻くエピセアの樹皮の香も心地よく、味わいもたいへんまろやかです。

大変人気の高いアルノー社のモン・ドール、そのままでももちろん、フォンドールとしてお楽しみいただけます。

▼こちらがフォンドール▼
54000309b

れしぴはこちらから

昨年、私もこのモンドールをひとりじめして楽しみました♪
このとろっとろのモンドールは、なんのベルギービールと相性がよさそうか・・
思いだしてまたご報告しますね!

▼ ご予約はこちらからどうぞ ▼

【予約・クール便】モンドール約450グラム・・・3,600円(税抜)
https://www.belgianbeer.co.jp/products/detail.php?product_id=615

 

最近の投稿

カテゴリー

過去の記事


TOP