ACHEL

アヘル修道院

ACHEL:Kluis Ⅰ 3930 Hamont-Achel
http://www.achelsekluis.org/pageNL/home.html

アヘル修道院のある町

オランダのEindhoven(アイントホーヘン)から南に30kmほど下ったところ、ベルギー、リンブルグ州のHamontに近いアヘルの小さな村にあります。
この醸造所はオランダとベルギーの国境線上に位置しています。

アヘル修道院の歴史・特長

1656年にプロテスタントの国オランダから来るカトリック信者の祈りの場が、アヘルの人里離れた場所に設けられたのがこの修道院の始まり。
1686年にはペトルス・ヴァン・エーネッテン(Petrus van Ennetten)が修道士のコミュニティーを設立しました。

1794年8月28日、修道院はフランス革命でフランス兵による略奪を受け、一部が破壊。
「1796年9月1日法」が制定され、すべての教会と修道院が強制的に売却されました。
アヘル修道院も売却され、修道士達は退去したため、急速に傷んでいきました。
また、国境に位置していたという特殊な事情から、修道院であった建物がしばしば密輸ギャングに使用されたりしました。

1844年以降、ウエストマール修道院の修道院長がアヘル修道院の建物を買い戻すことに成功し、古い建物の修復に取り掛かりました。
この時はまだ修道院に醸造所はなく、修道士達が飲むビールはその地域にあるいくつかの地ビール醸造所から購入していました。
1850年、修道士たちは既にあったパン焼き場に加え修道院内にて醸造所を造ることを決定。
2年後にはフル生産を行うまでになりました。

1914年~第一次世界大戦が始まり、ビールの製造も完全に停止。
ドイツ軍によって醸造設備が完全に分解され、銅や金属が弾薬として再利用されてしまいました。
戦後になっても醸造所を再建することができず、ビールの製造を停止せざるを得ませんでした。
代わりに牛、馬、豚などの家畜、じゃがいも、野菜、果物などを育てました。(現在のカフェの場所は農家の小屋だった場所です)
農業は1990年代まで続きましたが、修道士の高齢化や、EUの基準に合わなくなってきたことから、続けられなくなっていきました。

1976年以降、さまざまな醸造所でアヘル修道院向けのビールが醸造されました。
1990年代初め、トラピストビールが既に醸造されていたオルヴァル修道院からマーク・ガラント修道院長(Marc Gallant)がアヘル修道院に着任したことで、醸造再開を決定。
1995年には醸造所とカフェを作りました。
夏になると観光客が多く訪れ、テラスでビールを楽しむようになりました。

1998年12月3日、ウェストマールで42年間トラピストビールの醸造に携わって退任したトーマス・サス神父(Thomas Sas)が新たに設立された醸造所で最初の醸造に取り掛かかりました。
最初に生産されたビールは「アヘル・ブロンド4」、「アヘル・ブラウン5」及び「アヘル・ブロンド6」と命名され、醸造設備の隣にあったカフェテリアでのみ醸造タンクから直接注いで飲むことができました。
同年、トラピスト・ビールに承認されました。

2001年、トーマス神父が病気で引退したため、ロシュフォールで20年間トラピスト・ビールの醸造に携わってきた、アントワーヌ神父をあらたに指導者として招聘。
冬場はまったくビールが消費されなかったため、瓶詰を行うことになり、新しいビール「アヘル8」が生産されることになりました。
2002年5月にはアルコール度数8%のアヘル・ブラウンを発売しています。

アヘル修道院の概要

醸造所名 ACHEL
住所 Kluis Ⅰ 3930 Hamont-Achel
公式サイト http://www.achelsekluis.org/pageNL/home.html
地域 フランデレン地域  リンブルフ州
代表銘柄 アヘル・ブロンド、アヘル・ブラウン
商品を見る アヘル修道院の商品一覧

醸造所訪問記

2009.11.26
6日目その2:アヘル

お買物はこちら


TOP