DUVEL MOORTGAT

デュベル・モルトガット社

DUVEL MOORTGAT:Breendonk-Dorp 58、2870 Puurs
http://www.duvelmoortgat.be/

デュベル・モルトガット社のある町

デュベル・モルトガット醸造所は、アントウェルペン州のブレードンクにある、1871年設立の醸造所。

デュベル・モルトガット社の歴史・特長

1871年、ステーンフッフェル村の醸造一家の息子であった、ヤン-レオナルド・モルトガットが、妻のマリア・デ・ブロックと共に醸造所を設立。
1900年前後、ヤン-レオナルドの2人の息子、アルベールとビクトールが事業に参加。
アルベールは醸造技師となり、ビクトールは配送を担当し、馬車を使って20km以上も離れたブリュッセルまで配送しました。

第一次世界大戦(1914~1918年)の時期に、人気のあった英国のエールがベルギーにももたらされました。
アルベールは英国エールにならったビールを造ろうと、ジャン・ド・クレルク教授に調査を依頼しました。
1918年以降、英国の「マックワンズ」の酵母から分離・培養した酵母を使用し、新たなダーク・ストロングエールを醸造。
アルベールが造った英国風エールは、当初は1918年に終結した第一次世界大戦を記念して「ヴィクトリー・エール」と命名されました。
その後、近所の靴屋ヴァン・デ・ワウワーが試飲会で、「このビールはまさに悪魔だ」と表現。
これが後の命名につながることになります。

1923年よりそのビールは“Duvel”(オランダ語で悪魔の意味)という銘柄で販売をスタート。
当時の生産量は木箱でわずか数十箱分という、小規模なものでした。

1945年以降、ピルスナータイプのビールが市場を席捲。
モルトガット醸造所でもこれに対抗する新製品の開発を進めました。
1950年代以降、モルトガットの第三世代が事業を引き継ぎます。
2代目アルベールの息子、ベルトとマルセル・モルトガット、そしてビクトールの息子、レオンとエミール・モルトガットの2組の兄弟たち。
彼らの指揮のもと、醸造所は技術的にも販売上でも、今までにない、より高い水準へと発展。
ベルト(アルブレヒト)は1994年まで社長を務め、2011年5月に亡くなりました。

1970年、いよいよゴールド色の“デュベル”発売。
ここから“デュベル”の黄金時代が始まりました。
この旗艦ブランドの成功をたたえ、後にグループ会社名が「モルトガット」から「デュベル・モルトガット(Duvel Moortgat) 」に改名されました。

1994年、4世代目 ミシェル・モルトガットが社長に就任。
2001年、厳正な製品安全規格が運用されていることを証明するHACCP認証を受けた最初のベルギーの醸造所となりました。
2007年、新しいヴィジターホール建設。
2008年、醸造設備及び見学コースを新設。

近年では近隣諸国(オランダ、フランス、英国など)での態勢を強化し、輸出事業を世界規模でも著しく進展させています。
また最近ではアシュッフ醸造所、リーフマンス醸造所、デ・コーニンク醸造所を傘下に収めるなど、ベルギーのスペシャルビールのトップメーカーとして存在感を増しています。

デュベル・モルトガット社の概要

醸造所名 DUVEL MOORTGAT
住所 Breendonk-Dorp 58、2870 Puurs
公式サイト http://www.duvelmoortgat.be/
地域 フランデレン地域  アントウェルペン州
代表銘柄 デュベル
商品を見る デュベル・モルトガット社の商品一覧

醸造所訪問記

訪問記はありません。


TOP