FRANK BOON

ブーン醸造所

FRANK BOON:Fonteinstraat 65、1502 Halle
http://www.boon.be/en

ブーン醸造所のある町

ブーン醸造所は、「ランビック」という名前の由来になったとも言われる、ブリュッセルの南、レンベークにあります。

ブーン醸造所の歴史・特長

この醸造所は1977年まではルネ・ド・ヴィッツ氏が所有していましたが、その後当時ビール業界とはまったく関係のなかった若手のフランク・ブーン氏に譲りました。
彼は醸造一家の出身ではありませんが、学生時代、醸造に強い興味を持ち醸造家となり、彼の造るすばらしいランビックは、後継者不足に悩むランビック醸造家たちに希望を与えました。

1986年には良いランビックを醸造するため同じレンベーク地方の別の場所に移転し、10月~4月にかけてグーズ、クリーク、フランボワーズと他のランビックの醸造を開始しました。

近年、国内消費量を輸出が上回るベルギービール市場にあって、ブーンの生産するランビックはその大半がベルギー国内で消費されています。

ブーン醸造所の概要

醸造所名 FRANK BOON
住所 Fonteinstraat 65、1502 Halle
公式サイト http://www.boon.be/en
地域 フランデレン地域  フラームス・ブラバント州
代表銘柄 ブーン・グース、ブーン・フランボワーズ
商品を見る ブーン醸造所の商品一覧

醸造所訪問記

訪問記はありません。

お買物はこちら


TOP