1996.10.04

6日目:再びブリュッセルヘ~カンティヨン醸造所~ロンドンへ

カンティヨン醸造所
belgie61
ブルージュよりバスにて再びブリュッセルへ。「シェ・レオン」にて昼食後、 カンティヨン醸造所へ。
ブリュッセル南駅近くにあり、昔ながらの手作り製法で冬期にのみ醸造を行う小さな醸造所。 カンティヨン醸造所では、辛口で酸味の強い昔ながらのランビックを今も造り続けている。

にぎわうブリュッセル市内の飲食街
belgie60
道の両側にところせましと飲食店が立ち並ぶ。

カンティヨン醸造所 樽貯蔵庫
belgie62
この醸造所が一番印象に残った。古い建物、暗い醸造所内、オーク樽、クモの巣、まさに手作りの ランビックの醸造所ならではの風景がいっぱい。ほこりもクモの巣も自然醗酵のランビックにとっては 強い味方なのだ。

瓶詰め器械(かな?)
belgie63
あっ、グースのラベルだ。

テイスティング
belgie68
何種類かのランビックをテイスティング。素晴らしい。右は社長さん。気さくなおじさんだった。 この後、ユーロスターの乗ってロンドンへ。しゃっくりがまだ止まらない。

The Bishops Finger
belgie69
最後のビアパーティーはロンドンのパブ「ビショップス・フィンガー」で。ロンドンならではの 雰囲気。

小西酒造の社長様ご夫妻と
belgie70
今回の旅で大変お世話になった小西酒造の社長様ご夫妻、同室だった東京のベルギービール専門店 の高野氏と。

1996.10.03

5日目:ブルージュへ~グーデン・ブーム醸造所

グーデンブーム醸造所

belgie57
アントワープを出発、水の都ブルージュへ。愛の湖、鐘楼など見学後 ヒューガルデンカフェで昼食。
1872年グーデンブーム醸造所の現オーナーの曾祖父ヴァネスタ氏がビール醸造を始め、それ以来 4世代にわたり、ブルージュ・タルベ、ステェンブルッヘ、ステェンブルッヘ・トリプル、ブルージュ・ トリプル等の伝統的なブルージュの地ビールを造り続けている。ブルージュの街の中心に位置する グーデンブーム醸造所は、その一部に1902年以来の製麦所が今も残り、ビール博物館として一般公開 されている。

Cafe Hoegaarden Brugge
belgie55
インターブルー社の系列店。中世を今に残すブルージュにある。来年には日本にも登場するらしい。

ヒューガルデンとレフ
belgie51
ここで、ヒューガルデンのスペシャルエールを楽しむ。

ウェイトレスのお姉さん
belgie53
意味はない。

ブルージュの酒屋さん
belgie59
昼食後さっそくビールを物色に出かける。酒屋4人でみやげなどそっちのけでビールを探す。 でも、とうとうウェスト・フレテレンは見つからなかった。すごい品揃えの酒屋さんを発見。 ここで、コルセンドンクの3リットルの瓶を全員が買い、店員さんに笑われた。めちゃめちゃ重い。 これを日本まで持ち帰った。もちろん、関税も払って。

1996.10.02

4日目:ヒューガルデン醸造所~アントワープへ

ヒューガルデン醸造所
belgie37
バスにてヒューガルデン醸造所へ。 ブリュッセル東方の白ビールで有名なヒューガルデン村。村の記録では1318年からビール醸造が 伝えられる歴史的土地柄。ここのデ・クライス醸造所でヒューガルデンブランドのビールは造られている。
出荷場
belgie30
ここも想像以上に規模が大きい。
工場内
belgie32
近代的な醸造設備。ここも意外。醸造所内のショップ
belgie35
ここでヒューガルデンの「DAS」「Spesial Ale」などを買った。日本にはもちろん輸入されていない。 魅力的なヒューガルデングッズでいっぱい。先が思いやられる。

1996.10.01

3日目:マレッツ修道院へ

マレッツ修道院

マレッツはナミュールの南、緑豊かな田舎町マレッツに今も静かにたたずむベネディクト派修道院。 ベルギー人の宗教画家から寄付されたこの土地にババリア人修道士が共同体を造ったのがはじまり で、その後1878年に修道院となった。建物はその時代ベルギー・フランスで繁栄した新ゴチック建築 様式の模範となった素晴らしいもの。
マレッツ修道院では以前は修道院内でビールを造っていたが、現在はそのレシピをモルトガット醸造所 が譲り受けている。

シタデルからの素晴らしい眺望
ここからゴンドラで下方の町へ

マレッツ修道院内のビアカフェにて

ビールとチーズ

マレッツ修道院内部(修道僧たちの部屋など)

La Becasse

 グランプラス

1996.09.30

2日目:オルヴァル修道院~デュルヴュイへ

オルヴァル修道院

ベルギー南東部リュクサンブール州にあるオルヴァル修道院は1070年に建てられた。
数あるトラピスト 修道院の中でも最も荘厳な外観。
今も昔ながらの伝統製法で修道僧によって造られるオルヴァルビールは、フルーティな香り、苦味の効いた味わい、どれをとっても別格でトラピストビールの最高峰。

ヴィーズバーデンのホテルを出発して、バスにてルクセンブルグ経由ベルギ ー王国に入る。

オルヴァル到着後、修道院の門の前にあるレストラン「Hostellerle d’Orval」にて 昼食。
造りたてのオルヴァル・ビールとともにオルヴァル・ビールを使った料理(オルヴァル修道院 の伝説にもうたわれている鱒料理)を味わう。
昼食後いよいよオルヴァル修道院へ。

 

オルヴァル修道院入口
伝説の鱒をあしらった看板。感動的。

 

瓶詰め工場
意外にも中は近代的で少し驚いた。

 

出荷前の貯蔵庫
瓶詰め後約5週間、15度で貯蔵される。

 

オルヴァル修道院伝説の池
伝説とは。。。

イタリアのトスカーナからこの谷にやってきた美しい王女が、あるとき大切な 黄金の指輪を湖の中に落としてしまいました。彼女が「もし指輪を取り戻してくれたら、お礼に立派な修道院をこの谷に建てます。」と神にお願いすると、一尾の鱒が湖の底から指輪をくわえて 上がってきました。

約束通り建てたのが、このオルヴァル修道院だということです。
それにしては小さな湖ですな?

いのしし亭

オルヴァル修道院出発後、世界で一番小さな町と言われるデュルヴュイへ。
多くの芸術家が住み、 人々が保養に訪れ、多くの美食家がここ「Le sanglier des ardennes(通称”いのしし亭”)」 に集まる。

ここで、名物料理のいのししシチューを楽しむ。

1996.09.29

1日目:関空よりフランクフルトへ~ヴィースバーデン

belgie3

関西国際空港より空路約12時間、フランクフルトへ。
前回のドイツ行き に比べ、乗り換えがなかった分ずいぶん楽だった。

空港に着くと現地は午後3時。
バスにて ザクセンハウゼンへ。さっそく初日からパブめぐり。

「イエバーピルスナー」の樽生は最高だった。
第一日目はドイツにてスタートした。

最近の投稿

カテゴリー

過去の記事


TOP