1999.11.01

9日目:

これでベルギーともお別れ。しかし最後に大事件は起こった。

ブリュッセル空港で荷物を計測してみると、な、なんと88.4kg!

なんと追加料金58,000BF~67,000BF払えと言う。日本円だと15~20万円にもなるのに。

確かにスーツケースの中にはビール他25本ほど、ウェストフレテレンのビールグラス、

オルヴァルグッズの陶器ほか、重たいものばかり。

しかしごねにごねて、フランクフルトまでの料金だけに負けてもらって一件落着。最後の最後に大変だった。

しかし今回のベルギーも良かった。前回よりよかった。

たぶん自分で計画して、行きたいように行ったからだと思う。

今回の旅行では「すばらしきベルギービールの世界」という本当に素晴らしいホームページに

本当にお世話になりました。おかげで楽しい旅をすることが出来ました。

この場を借りて主宰者の剣持さんにお礼を述べたいと思います。どうもありがとうございました。

こうして私のわがまま新婚旅行は幕を閉じました。
おわり。

1999.10.31

8日目:ポプリンゲ~いよいよウェスト・フレテレンへ

「ポプリンゲ・インフォメーション前」

00103101

ポプリンゲのインフォメーション前。

最初は自転車が借りられずあせりまくったけど、なんとか借りて出発。

自転車じゃないと行きようがないもんな。

 

「シント・シクステュス修道院」

00103102

とうとうやってきました。今回の旅の目玉。

ウェストフレテレンを飲みにやってきたのだ。

日曜日ということで修道院はお休み。

愛想を振りまいても、やっぱり入れてもらえなかった。

 

「看板」

00103103

通常はこの看板によって、ドライブスルーのようにビールが限定販売される。

 

「In de Vrede」

00103104

このカフェのみでウェストフレテレンは卸されています。

最近新しくなったばかりの店内は綺麗。ここではお土産も売っていた。

 

「ウェスト・フレテレン」

00103105

贅沢にも3種類の飲み比べ。車じゃないし、しっかり堪能しました。

 

「店内」

00103106

ご満悦。

 

「国立ホップ博物館」

00103107

日曜日でお休みだったが、どこかの団体に紛れてただで中を見学。

日本人なのに気づかぬとは、、、。

1999.10.30

7日目:ブリュッセル

「モール・シュビット」

00103001

「瀕死」という名前の有名な店。結構綺麗な店だった。ここはたまたまホテルのすぐ近くでした。

 

「店内」

00103002

ウェストマール・ダブルのドラフト(?)など6種類ほど飲んで酔っ払ってしまいました。

 

1999.10.29

6日目:ブルージュへ

「ストラッヘ・ヘンドリック」

00102901

ここでビール醸造所の見学ができます。

一応英語のコースに入れてもらったけど、半分以上分からなかった。情けない。

 

「醸造所内」

00102902

世界中の缶ビールでいっぱい。日本のものもありました。

 

「’T Brug Beertje」

00102903

ここもビアカフェ。すごく良い店でした。

 

 

1999.10.28

5日目:アントワープビアカフェめぐり

「クルミナトール」

00102801

マイケル・ジャクソン著「地ビールの世界」の巻頭カラー写真はここの店内でのもの。屈指のビアカフェです。

 

「店主と」

00102802

陽気なおじさんでした。

 

「マイケル・ジャクソンのまね」

00102803

本のアングルで何枚か撮影しました。

 

「和気あいあい」

00102804

本を出したら店主大喜び。

 

「店主調子に乗る」

00102805

例の「地ビールの世界」にサインなどし始めました。

 

「カフェ・デン・エンゲル」

00102806

マルクト広場の角にある古いビアカフェ。前回はここから何件もはしごしたんだ。

ここでは「デ・コーニンク」のドラフトが飲めます。めちゃくちゃうまーい!

 

「店内」

00102807

すぐにお友達になってしまいました。

 

1999.10.27

4日目:デュルヴュイ~ブリュッセルへ

「いのしし亭(後ろの建物)」

00102701

ここは自分で予約してやってきました。世界一小さな町デュルヴュイ。

 

「デュルヴュイの街」

00102702

一時間もあれば全部回れてしまうほどちいさな街。こんなところに住めたらいいな。
このあと車でブリュッセルに向けて出発した。

 

 

1999.10.26

3日目:オルヴァル~ロシュフォール~デュルヴュイ

「オルヴァル修道院」

00102601

いよいよベルギーに突入!まずはやっぱりオルヴァル修道院。

残念ながら今回は醸造の部分は見ることはできない。

 

「マチルドの泉」

00102602

今回もやはり撮ってみました。

 

「かつての修道院の遺構」

00102603

火災や争いによって何度も破壊と復興を繰り返している跡がみられる。

 

「醸造場入口」

00102604

前回はここから入れたのにな。とりあえず記念撮影。

 

「オルヴァルの街」

00102605

目立った建物など何もない小さな街です。

このあと前回同様「Hostellerle d’Orval」にて鱒料理とオルヴァルを堪能。

 

「ナミュール城(おまけ)」

00102606

少々観光などしてしまいました。

 

「ロシュフォール」

00102607

ここがロシュフォールです!なんと偶然見つけたこの修道院。しかし外来者お断り。

 

「ロシュフォール中庭」

00102608

しかしやはり忍び込みます。

 

「醸造場」

00102609

硬く閉ざされていますが、この門の向こうは間違いなく醸造場。

もくもくと蒸気があがっており、外には色々なトラピストビールの箱が山積みに、、、。

 

「看板」

00102610

ロシュフォールのサン=レミ修道院自体は目立った宣伝や看板など一切ない。
トロシュフォールのサン=レミ修道院自体は目立った宣伝や看板など一切ない。
トラピスト修道院のなかでも最も閉鎖的であると言われている。
写真はカフェの看板。ラピスト修道院のなかでも最も閉鎖的であると言われている。
写真はカフェの看板。

1999.10.25

2日目:フランクフルト~モーゼル地方へ

「ベルンカステル・クース」

00102501

有名なモーゼルワインの生産地であるベルンカステル・クース。
周囲をぐるりと葡萄畑に囲まれた中世の雰囲気を残す魅力的な街。
ラインガウと違って観光化されていないため、地元住民の生活の場としてのたたずまいを残している。

「ドクター・ターニッシュ博士家?」

00102503

まずは5年前にも訪れた、大好きな生産者のひとつ、ドクター・ターニッシュ博士家へ。
でもなーんか雰囲気違うな、、と思ったら分家のほうでした。まあいいや。

「ドクトール ケラー」

00102508

かの有名な銘醸畑「ドクトール」の畑の斜面をくりぬいたケラー入り口。ここも5年ぶり。前回は中まで入れたが、今回は、、、?

「ケラーの中」

00102506

なんとアポ無しなのに運良く入れちゃった。
入り口近くの樽の中にはドクター・ターニッシュ・リースリング・カビネット’99が誕生の真っ最中!

「熟成庫」

00102507

ここにはびっくりするようなお宝ワインがざくざく。
1921年のベルンカステラー・ドクトールを始め、そうそうたるワインが眠っていました。

「ドクトール畑」

00102509

いよいよドクトールの畑へ。もちろん立ち入り禁止。
遅摘みのぶどうが収穫の時を待っています。少々味見。

1999.10.24

1日目:成田よりフランクフルトへ

成田空港より空路約12時間、フランクフルトへ。今回もドイツからのスタートとなった。

明日からのレンタカーに備えて今日はフランクフルトとまり。
夜フランクフルト中央駅に出かけ、さっそくビールの物色。
日本には輸入されていない(容量が)、イエバーピルスナーとブドワイゼの500mlの缶を発見。
どうということはないのだが、これを飲んで就寝。
今回も第一日目はドイツにてスタートした。

1996.10.05

7日目:最終日

この後気が抜けてしまったのか、デジタルカメラによる写真は一枚も無かった。
ロンドンでは タワーレコードへ行ったかな?

「クリーム」のビデオ買ったけど、信号が違うとか何とかで、 ぜんぜん見れなかった。
一通りここではお土産を買って、無事大阪に帰ってきた。
しかし、ベルギーは良かった。前回のドイツも良かったが、今回はもっと良かった。

やっぱり実際に見てこないと分からないことはたくさんあった。
もっともっと勉強してから もう一度ベルギーを訪れてみたい。

おわり。

最近の投稿

カテゴリー

過去の記事

Blog内検索


TOP